andbeautiful
用途 : 美容室 
種別 : 内装
所在地 : 東京都渋谷区
竣工年月 : 2019.10
写真 : 山内 紀人
USE : Hair Salon 
TYPE : Interior Design
PLACE : Shibuya,Tokyo
COMPLETION : 2019.10
PHOTO : Norihito Yamauchi

可愛く柔らかな空間
andbeautifulは「美と共にある豊かな人生」というコンセプトのもとに恵比寿に新規オープンしたヘアサロンである。 施主からの要望はカット台を4席、シャンプー台を2席、休憩室と受付を設けることであった。施主の要望と店名であるコンセプトに応答し、またヘアサロンらしい空間とは何かと考えた。ヘアサロンは髪や髪型を専門に取り扱う施設であることから、髪というエレメントのもつ浮遊感や、可愛さ、繊細さを感じさせる空間としたいと考えた。 カットスペースというのは美容師さん、お客さんにとって一番過ごす時間が長い、最も重要な空間であると位置づけができる。大きな丸い鏡で美容師さんとお客さんをすっぽり包み、視覚的にお互いが確認できることでコミュニケーションが取りやすくなると伴に作業しやすくなる。鏡横の照明は演色性の高いブラケット照明でお客さんの顔の影を消し肌の色を自然光の中にいるように綺麗に見せてくれる。壁面に固定したロングカウンターは浮遊感や奥行きを感じさせ、お客さんへのドリンク提供や、ヘアカタログ兼ねたタブレット、小物を置いておくなど広々とした使いやすい什器であり鏡横の照明やコンセントへの配線のルートにもなっている。鏡が取り付く既存の界壁はコンクリートブロックを白塗装し積み重ねた荒めの質感であったので、鏡と木製のカウンターを壁の重量感とは対比的に軽快なディテールにより据え付け壁と什器が一体的になるような設えとした。 ヘアサロン内の家具は十分な収納スペースを確保する必要もあり、店舗内でも目を引くほどの大きなヴォリュームになるので突板材で統一製作して柔らかな印象にしたいと考えた。待合スペースの床は紋様の綺麗な陶磁器質タイルで視覚的にカットスペースとの区分を図り、カットモデルを撮影するスペースにもなっている。 髪という概念がもつ浮遊感・可愛さ・繊細さを空間形成の判断基準とすることでヘアサロンというプログラムのデザインとした。

“andbeautiful” is a new hair salon opened with the concept of “a life enriched by beauty.” The salon contains a cutting space with four seats, two shampoo stations, a staff lounge, and reception. Based around three properties imagined from hair, the interior design is intended to echo floating lightness, prettiness, and delicateness.
The cutting space features large round mirrors, framing the client and stylist to ease communication and styling. High color-rendering lights abutting the mirrors illuminate client skins just like natural light and remain functional for the stylist throughout the day.
A long counter beneath the mirrors is spacious enough to host drinks, tablets-cum-hair catalogs, and small articles. Running toward the back of the salon, the counter highlights a sense of depth while accommodating electrical cords linked to the lights and power outlets. The mirrors and counter are set to create a floating impression on an original white concrete block wall dividing the salon from the adjacent space. Complementing the interior with the uneven wall texture, the whole space communicates simple beauty.
Custom oak cabinetry, meeting a need for ample storage, turned a voluminous feature into one that creates a soft, natural ambience. The reception waiting space is separated from the cutting space by a ceramic-tile floor decor and doubles as a spot to photograph hair models against the white wall background.



WORKS BACK